30本のファミコンソフトが遊べる「ニンテンドークラシックミニ」が発売予定!

 30本のファミコンソフトが収録されている小型据え置きゲーム機「ニンテンドークラシックミニ ファミリーコンピュータ」が11月10日(木)に発売されます。

www.nintendo.co.jp

 

 ファミコンことファミリーコンピュータを60%に縮小した手乗りサイズとなっています。

 収録されているゲームタイトルは以下の通り。カセットを差し替えることはできません。

収録タイトル一覧

※発売日、メーカー名はファミコン版発売当時におけるものです。

タイトル名発売日メーカー名
ドンキーコング 1983/7/15 任天堂
マリオブラザーズ 1983/9/9 任天堂
パックマン™ 1984/11/2 ナムコ
エキサイトバイク 1984/11/30 任天堂
バルーンファイト 1985/1/22 任天堂
アイスクライマー 1985/1/30 任天堂
ギャラガ™ 1985/2/15 ナムコ
イー・アル・カンフー 1985/4/23 KONAMI
スーパーマリオブラザーズ 1985/9/13 任天堂
ゼルダの伝説 1986/2/21 任天堂
アトランチスの謎 1986/4/17 サンソフト
グラディウス 1986/4/25 KONAMI
魔界村® 1986/6/13 カプコン
ソロモンの鍵 1986/7/30 テクモ
メトロイド 1986/8/6 任天堂
悪魔城ドラキュラ 1986/9/26 KONAMI
リンクの冒険 1987/1/14 任天堂
つっぱり大相撲 1987/9/18 テクモ
スーパーマリオブラザーズ3 1988/10/23 任天堂
忍者龍剣伝 1988/12/9 テクモ
ロックマン®2 Dr.ワイリーの謎 1988/12/24 カプコン
ダウンタウン熱血物語 1989/4/25 テクノスジャパン
ダブルドラゴンⅡ ザ・リベンジ 1989/12/22 テクノスジャパン
スーパー魂斗羅 1990/2/2 KONAMI
ファイナルファンタジー® 1990/4/27 スクウェア
ドクターマリオ 1990/7/27 任天堂
ダウンタウン熱血行進曲 それゆけ大運動会 1990/10/12 テクノスジャパン
マリオオープンゴルフ 1991/9/20 任天堂
スーパーマリオUSA 1992/9/14 任天堂
星のカービィ 夢の泉の物語 1993/3/23 任天堂

www.nintendo.co.jp

上記ホームページより引用。

 1983年の「ドンキーコング」から1993年の「星のカービィ 夢の泉の物語」まで。任天堂のゲーム以外からも「ロックマン2 Dr.ワイリーの謎」「パックマン」などが収録されています。

 

 ファミコンのゲームにはセーブ関係が不便なものも多いですが、「ニンテンドークラシックミニ」には「中断ポイント」機能が搭載されています。

 ファミコンでいうところのリセットボタンを押すと、ゲームの進行状況を「中断ポイント」としてセーブすることが可能です。

 ゲーム毎に4つまで作成できるため、家族や友人とファイルを分け合ったり、好きな場面の直前でセーブしてそこだけすぐに遊べるようにしたりと、様々な用途に応えられます。

 

ゲーム画面は現代に合わせてクッキリきれいなものになっていますが、オプションで「アナログテレビモード」にすることで、あえて昔風のボケた映像に切り替えることもできます。ブラウン管の走査線とにじみを再現ししたレトロな画面で、よりなつかしい(あるいは逆に新鮮な)気分で楽しめることでしょう。

 

 HDMIケーブルでテレビやモニターと接続し、USBケーブルから給電します。テレビにUSB端子がある場合はそこに接続可能です。これら2本のケーブルはパッケージに同梱されています。

 また別売りのUSB専用ACアダプタを用いれば、コンセント用の電源プラグから給電することもできます。

 

 ニンテンドークラシックミニのお値段はメーカー希望小売価格5980円(税別)となっています。WiiUや3DSのバーチャルコンソールで全ソフトを揃えると「約1万5000円+ゲームハード代」がかかるので、金銭的にはかなりお得となりますね。

 

  Amazonでは既に予約が開始されています。限定特典としてオリジナルポストカードが30枚付属するとのことです。おそらく各タイトル毎に1枚でしょう。

 

 

topics.nintendo.co.jp

 トピックスでも紹介されています。有野課長が挑戦する「ゲームセンターCX」も公開中です。