読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

「ニンテンドークラシックミニ」収録作の説明書が掲載! ファミコン当時の説明書が見れる!

 30本のファミコンソフトが収録された「ニンテンドークラシックミニ」は本日発売です。

www.crescent-closet.com

 

 それに合わせて、収録作品の取扱説明書がPDF形式で掲載されました。

 当時の取扱説明書がそのまま、ソフトごとに公開されています。

www.nintendo.co.jp

 ファミコン当時はゲーム内でストーリーを詳細に語れなかったため、説明書で物語が紹介されています。この読み物としての説明書が結構楽しい。いのちが消えるという直球な表現に時代を感じる。

 

 「星のカービィ 夢の泉の物語」の説明書ではカービィとデデデ大王の会話が見られます。

 「またおまえのしわざか、デデデ大王!」と断定し、デデデ大王の弁明を「うるさい!」と一蹴するカービィは中々容赦ない。大事な夢の泉で水遊びするデデデ大王も大概だけど。

 

 「スーパーマリオブラザーズ3」の説明書も面白いですね。敵なのにわざわざ解説してくれるコクッパ(現在の「クッパ七人衆」)たちが微笑ましい。

 クッパも橋を切り落とす斧を設置したり壊れるブロックの上で戦ってくれたりと妙に紳士的なのでそういう一族なんでしょうか。

 

 あと「リンクの冒険」のプロローグが暗い。前作でハイラルを救ったと思ったら荒廃の一途をたどる一方だったよ……。

 

topics.nintendo.co.jp

 なおニンテンドークラシックミニ発売記念として、ソフト開発者へのインタビュー企画が催されました。

 ゲームタイトルは「ドンキーコング」「バルーンファイト」「スーパーマリオブラザーズ」「ゼルダの伝説」「メトロイド」の5つ。

 開発開始の理由や技術的な話、ちょっとした小ネタまで。「ミンナニ ナイショダヨ」の考案者も明らかにされています。

 

ニンテンドークラシックミニ ファミリーコンピュータMagazine

ニンテンドークラシックミニ ファミリーコンピュータMagazine

 
ファミコン通信 (エンターブレインムック)

ファミコン通信 (エンターブレインムック)

 

 ファミマガこと「ファミリーコンピュータmagazine」や、ファミ通の前身である「ファミコン通信」の復活版も発売されます。当時の雰囲気を味わってみながら攻略本代わりにするのもいいんじゃないでしょうか。