「カルドセプトリボルト」ブック紹介 スイッチボックス/カオスパレス協力戦

 「協力戦でのオススメブックが見たい」とコメントでリクエストを頂いたので、スイッチボックス協力戦(VSユマ&ソムニア 目標魔力10000)でのブックと、カオスパレス協力戦(VSナイトホーク&テラーメア 目標魔力10000)でのブックを1つずつ紹介します。

 どちらも「2VS2だからこそ」のブックを目指しました。

  • スイッチボックス――風属性単体焼き特化ブック(天からの災雷)
  • カオスパレス――地属性秘術連打ブック(竜砒鉄鉱)
カルドセプト リボルト

カルドセプト リボルト

 

 

 

風属性単体焼き特化ブック(天からの災雷)

f:id:tsukimajiro:20161010013006p:plain

リボルトポッセ - 天からの災雷

コンセプト

 スイッチボックス用ブック。単体対象ダメージスペルで片っ端から敵を破壊します。

 「シャイニングガイザー」「ブレイズスプラッシュ」「ストーンブラスト」はもちろん「エルフアーチャー」「ライトニングドラゴン」の秘術も用いましょう。「グレートニンバス」「マッドハーレクイン」に「シュリンクシジル」をかけて縮め殺すもよし。

 ライトニングドラゴンに「ハイパーアクティブ」を付与すれば水地クリーチャーはみるみる黒焦げになっていきます。2人がかりならHP40のクリーチャーも1ラウンドで消し炭にしてしまえる。

 そして拠点を空き地にしたら「バードメイデン」の秘術で掠め取りましょう。

 MHPの高い「グレートニンバス」や「ライトニングドラゴン」が「ウォーロックディスク」を持てばまず倒されません。敵チームはメタモルフォシスは使ってこないのでこれ4枚でOK。あとはクリーチャーでもある「リビングアーマー」を用いています。

 

 2VS2の同盟戦には漁夫の利がありません。ユマのクリーチャーがいた空き地をソムニアが取っても、それは横取りではなく敵チームが取り返しただけです。もちろん自分の相方が取れば味方チームの総魔力となります。

 同盟戦は総魔力の構造がタイマンと似ています。敵の損益はほぼそのまま味方の、つまり自分の利益です。他に得する第三者はいません。

 要するに妨害行為の価値が跳ね上がるということです。ダメージスペルだけでなく「ポイズンマインド」「シニリティ」なども扱いやすくなります。3人戦4人戦ではとうてい機能しないであろう戦法も2VS2ならば可能です。

 

 同盟相手のクリーチャーでも秘術が使用できます。ダウン状態になってしまうので注意が必要ですが、不屈クリーチャーの秘術であれば遠慮せず使っていきましょう。ハイパーアクティブも同様です。

 ただし「バードメイデン」「スレイプニル」など「自クリーチャー」が秘術の対象となっている場合、秘術持ちクリーチャーの所有者がどちらであろうとも、対象に取れるのは自分のクリーチャーのみとなります。「自分のスレイプニルで相方のテュポーンを動かそう」「相方のバードメイデンで相方のシールドメイデンに移動術をつけておこう」ということは残念ながらできません。

雑感

 2人がかりで敵のクリーチャーを掃除するのは2VS2ならでは。3人戦4人戦では味わえない楽しさがありました。ライトニングドラゴンにハイパーアクティブをかける瞬間はワクワクもの。ただ戦闘での侵略力はサッパリなので踏むと結構まずい。

星のカービィ トリプルデラックス

星のカービィ トリプルデラックス

 

 ブック名は「星のカービィトリプルデラックス」のボス「クラッコ」の技の名前から。過去作プレイヤーの度肝を抜いた驚きの大技です。

 

地属性秘術連打ブック(竜砒鉄鉱)

f:id:tsukimajiro:20161010013014p:plain

リボルトポッセ - 竜砒鉄鉱

コンセプト

 こちらはカオスパレス用。シャイニングガイザーとドラゴンで焼いていくのは同様。こんどは敵チームが火風ブックのナイトホークと火ブックのテラーメアなので、「ハードロックドラゴン」を軸に地属性で組んでいます。

 そしてもうひとつの柱が「ドワーフマイナー」。秘術で周回数×30の魔力を得られます。

 このどちらかに「ハイパーアクティブ」をかけ、2人がかりで稼ぐか、あるいは2人がかりで焼き尽くすか、どちらかの戦法を取ります。相方が防衛逃げ切り重視なら前者、侵略重視なら後者です。といっても、今いる方にとりあえずハイパーアクティブを与えることも多いのですが。

 ナイトホークとテラーメアは「マジックボルト」などダメージスペルを所有しており、また魔法陣からも「ストーンブラスト」がたまに現れます。

よってこれらへの耐性を得るべく「ジャッカロープ」を採用しました。避雷針になればしめたもの。スペルで破壊されても「グレートタスカー」として復活するだけです。

 あとは空き巣用の「バードメイデン」「ピクシー」に、移動侵略を受け付けない「ランドアーチン」を投入しています。

 アイテムは「トパーズアムル」「ウォーロックディスク」「アングリーマスク」を2枚ずつ。コストの高さと低HPクリーチャーのことを考えた結果、ウォーロックディスク4枚ではなくこのような構成になりました。巻物を使ってくるのでトパーズ4枚は危険。

 「ポイズンマインド」はカードの引き撃ちを防ぎつつ自分はドローするスペル。

 3人戦4人戦だと的の絞りにくさ故に扱いにくいですが、2VS2だと使い勝手がグンと上昇。ブック内容が毎回変わるナイトホークを優先します。たまに「オブリタレート」が入ってたりする。

雑感

 ハイパーアクティブでみなぎったドワーフマイナーでチマチマ稼ぐと気持ちがほっこりしますね。でも魔力トラップに吸われると悲しい。ケルピー拠点を育てたり手堅く逃げ切ったりと大活躍。

 2VS2における単体ダメージスペルはやはり強力で、敵拠点のファイアードレイクやミノタウロスをシャイニングガイザーで焼き払って窮地を逃れたり、ハードロックドラゴンで削ってから相方のテュポーンで攻め落としたりと、何度も勝利に導いてくれました。

 フレーバーテキストによるとハードロックドラゴンは猛毒の息でダメージを与えているようですが、これは硫砒鉄鉱や辰砂といった、ヒ素や水銀を含む鉱石が元ネタなんでしょうか。