HAL研究所の石川さんと安藤さんも! Keyboard magazine 7月号にゲーム音楽作曲家のインタビューが掲載!

 明日6月9日発売の雑誌「Keyboard magazine (キーボード マガジン) 2017年7月号 SUMMER」には、HAL研究所所属の作曲家「石川淳」さんと「安藤浩和」さんのインタビューが掲載されています。

 「星のカービィシリーズ」などのBGMの数々がいかにして生み出されたのか、誕生のバックグラウンドに迫るようです。

●特集:
Melody Makers in Game Music ゲーム・ミュージックのメロディ職人たち

多くのミュージシャンに影響を与え、今もリスナーたちに愛されるゲーム・ミュージックを特集。第一線で活躍するゲーム・ミュージック作曲家たちにインタビューを敢行し、名メロディと謳われる作品たちがどのように誕生したのかに迫ります。

植松伸夫
光田康典
下村陽子
古代祐三
伊藤賢治
近藤嶺
石川淳&安藤浩和(HAL研究所)
ゲーム・ミュージックの系譜〜杉山圭一×hally
サカモト教授

http://www.rittor-music.co.jp/magazine/km/ より引用

 

 HAL研究所の2人以外もそうそうたる顔ぶれですね。

 

 カービィ関係ですと、「下村陽子」さんはスマブラXで「デデデ大王のテーマ」を、「光田康典」さんはスマブラXで「VS.マルク」、スマブラforでは「森・自然エリア」のアレンジを手がけています。

 

 「Keyboard magazine (キーボード マガジン) 2017年7月号 SUMMER」は明日6月9日発売です。インターネットでも購入できます。