ロボボプラネット スージーのしんりゃくレポート第6回

 ロボプラ公式ページの「スージーのしんりゃくレポート」第6回が更新されました。

www.nintendo.co.jp

 今回はストーリーモードのクライマックスで戦うボスの開発資料が公開されています。ネタバレになりますので……こうかいしませんね?

 

星のカービィ ロボボプラネット

星のカービィ ロボボプラネット

 

 

 

 

 

 

 公開されたのは「プレジデント・ハルトマン」「星の夢」の資料になります。

 ハルトマンの技の一部は「シークレット・クマザキ」のスケッチの時点で名前も含めて決まっていたようですね。「ビジネストリップ」「リストラ・ショック」の名前が確認できます。

 オプションの「オフィサー(決定版では「ミス・オフィサー」)」がスージーに似ているのは彼の発案でしょう。ハルトマンとスージーは同じ目をしているとのメモも確認できます。

 杖のごとくひょろっとした身体に頭蓋骨のような頭部と、決定稿よりも老獪さを感じさせるデザインとなっています。

 決定稿は「グランデ・ファーマン」作。スージーいわく「社長という現実的な肩書ながら『星のカービィ』のキャラクターらしさも感じられる」とのこと。

 

 この辺にも細心の注意を払っていそうですね。

 新しい「星のカービィ」の世界を開拓するにしても、これまでの「星のカービィ」からいきなり逸脱するわけにはいかない。

 少しずつ作品世界にプラスして広げているのかなーと、Wiiトリデラロボプラの3作品を振り返って思います。

 

 「シークレット・クマザキ」案の星の夢ですが……なんだこの名状しがたき邪なオーパーツは。それでも顔のようなハートのモチーフは確認できます。

 最終デザインスケッチは「ウェービー・ヒトム」のもの。決定稿以外にもいくつかのパターンがありますが、そこにはカービィ64のゼロツーによく似たものもありました。3Dシューティングということで、ハッキリ似せるアイデアも合ったのかもしれません。

 白と金のカラーリング案はより明確に「正体」を連想させます。

 ディレクターによるチェック済みの日付が4月17日になってますが、ロボボプラネットの発売日は2016年の4月28日です。そんなギリギリだとは思えないので、これは2015年の4月17日なんですかね?

 

 「……けど、な~んかこのマシンとは仲良くなれそうにないのよねぇ」

…… 相当オブラートに包んでますよね。

 データを引っこ抜いたらすぐにでもぶっ壊してやりたいでしょうね。

星のカービィ ロボボプラネットの大冒険! (角川つばさ文庫)

星のカービィ 2.スーパーデラックス スマートフォン用ケース(エンスカイ)