読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

東方三月精 新シリーズ第1話(コンプエース2016年3月号)感想 サイコーだぜぇ!

東方三月精 〜 Strange and Bright Nature Deity. (1) (角川コミックス)

 3ヶ月に1度ですが東方三月精が帰ってまいりました。これは見逃せないとコンプエースを購入。600ページの雑誌を買っても場所を取らない、電子書籍っていいものですね。

コンプエース 2016年3月号

冒頭部分の試し読みができます。

 

 

 大方の予想と期待に応えてクラウンピースが見参! 表紙に描かれていたことと最後のモノローグからするに(準)レギュラーっぽい? 腹や脚の肉付きにこだわりを感じる。三妖精やチルノや大妖精に比べて胸がありますね。さすが比良坂先生だ、断じて「ロリっぽい」で十把一絡げになどしない。これは読者のリビドーがルナティックになってしまいますよ!

 他の妖精と比べても生意気で偉そうで悪そうな表情をしておる。「くる」のシーンにお子様な軽快さが溢れている。この動きがたまらなくかわいい。

 

 「地獄にはもう帰りたくない」とのことですが、月面がまともに見えるほどに過酷な環境らしいので、そりゃ一度幻想郷の空気を吸ったら戻りたくないでしょうねえ。それこそ、幽霊くらいしか生命らしい生命がいない、みたいですから。魑魅魍魎も泣きわめくようなヤバい何かでもうろついているのか。

 あるいはご主人様とファッションの方向性で喧嘩したとか。

 「人を狂わす程度の能力」という、おそらく妖精としては規格外の能力はそんな過酷な環境の賜物のようで。タダじゃ転ばなかった。たくましい。そうは言いつつも「地獄だぜぇ!」とゲスマイルを浮かべるクラピ。この表情いいですねえ。今後にも期待大。

 

 博麗神社には次から次へと居候や常連が増えていく。そろそろ霊夢も大家さんになる頃かな?

 

 

 光の三妖精の面々は良い意味でいつもどおり。サニーミルクはやっぱり脳みそ日本晴れで動きまくっているし、スターサファイアは例によっておっとりモーションで底知れる悪巧みをしているし、ルナチャイルドは相変わらず栗みたいな口しやがってるしコケてる。

 話しやすい奴と書いてザコと読む(ただしアリスは例外)。3人がかりでようやく1ボスか2ボスクラスだろうなこいつら。

 

ルナチャ「喧嘩だなんて人間は野蛮ねぇ」

 

 ……お前5ページ前のこと覚えているか? いなさそうだな、うん。

 鈍くさかったり比較的利発だったりと妖精らしくないけどこんなもんだよな。

 

 モブキャラ扱いですが小鈴ちゃんが数コマ描かれていますね。ちっさくだけど顔も写っている。あ、鈴奈庵も載ってます。

 

 期待の新星クラウンピースを光の三妖精が発見するという形式で新キャラのお披露目と旧キャラのおさらいを同時にこなし、はじめましてとお久しぶりをコンパクトにこなす話作りですね。
 元々この漫画自体が書籍オリジナルキャラを中心に幻想郷の日常を描き出すというスタイルだったので、神主も比良坂先生も特技とされているのでしょうかね。

 

 雪だるま大作戦(仮)は霊夢さんに犯人を見ぬかれたそうですが、やっぱりアイツらはとっちめられたんだろうか。クラピの入居にはまだ気がついていないらしいので、4月はこの2人がエンカウントする話かな。あとクラピに逃げられた? ヘカーティアはどうすんでしょ。

東方紺珠伝 ~ Legacy of Lunatic Kingdom.

妖精大戦争 ~ 東方三月精[同人PCソフト]

東方外來韋編 Strange Creators of Outer World. 壱 (電撃ムックシリーズ)

動きのあるポーズの描き方 東方Project編 東方描技帖 (玄光社MOOK)

tsukimajiro.hatenablog.com