読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ネオハイカラシティ誕生前夜祭(ステージの感想まとめと第3回フェス)

 いよいよスプラトゥーンの大型アップデートですね。期待の新作ゲームの発売日前と同じくらいにワクワクしています。絶えず新しい話題が提供されていてありがたいです。

 ステージにもだいぶ変更があるとのことなので、これまでの(一部の)ステージとはお別れということになります。ハイカラシティではアップデートと言う名の都市開発が進められるのだ。

 というわけなのでVer.1.3.0時点でのステージの感想を大雑把にメモしておきます。後半は第3回フェスについてです。

 シオノメ油田

・ナワバリでは「まずは北にいけ」はお約束。北の大広間と中広間を抑えればだいたい勝てる。

・高いところは有利だが同時に目につきやすい。このゲームの基本である。

スプリンクラーを妨害に使いやすい。広告主には悪いが看板に貼り付けさせてもらおう。

・制圧されたガチエリアの奪還が難しめ。トルネードやバリアやダイオウイカに頼りたい。焦らずにスペシャルを溜めてから反撃しよう。

・ヤグラはリスポーン地点からゴールが遠く、一気にゴールされてしまいやすい。下に降りられる前に仕留めたい。マップの修正もやむなしである。

ハコフグ倉庫

・この中では一番シンプルなマップだと思われる

・どちらかと言えば近距離戦が多くなりやすい。

・足場が壁となり裏取りしやすい。

・中央で殴りあうより横道から不意打ちした方が倒しやすい。そういう意味でもスプラトゥーンの基本を教えるマップ。

Bバスパーク

・広いようで狭い。敵とのエンカウントが多い。

・坂が多くて動きにくい。特にローラーへの影響が甚大。細かい坂は壁だと認識しよう。

・見通しが良い、あまり動かなくていい、高台もある、と揃っているためチャージャーは有利。

・床には逃げ場が少ないので壁を塗っておくこと。

・ガチエリアは正面から突っ込むとイカソーメンにされる。急がば回れでいのちだいじに攻略しよう。

・中央高台へのボム投げを決めるとしてやったりである。ボム飛距離アップのギアが有用。

・クイックボム遠投だけでガチエリアを染めることも可能。特にカーボンローラーはこっちが完全にメインになる。

アロワナモール

・チャージャー強し。というか故意に優遇されているようにさえ思えてくる。

・ヤグラは正面突破ばかりになる。中央高台の金網が無くなったのが悪い。正直言ってあまり出来の良いマップではない。

・ガチエリアは結構楽しい。敵側の通路に乗り込むと勝ちやすい。

・中央高台の金網の有無がこうにも明暗を分けている。

デカライン高架下

・一度中央広場を制圧されると取り返しにくい、とよく言われている。欲張って進行して「こない」相手のほうが手強い。

・一番幅の広い通路でダイナモを降るのが本当に強い。鉄壁である。

・ルール的に中央にとどまれないヤグラは良マップ、エリアは地獄。

・ジャンビーコンの設置ポイントには恵まれている。

・スタート付近の木だって好きでこんなところに植えられたわけじゃないんだよ……。

ホッケふ頭

・不意打ちしやすいされやすい。慣れるまでは非常に難しい。

・ナワバリでも塗り速度よりタイマンのキル性能が重要っぽい。

・ナワバリはラスト十数秒で一気にひっくり返されるのでいつも以上に油断ならない。

・エリアヤグラ共に良マップ。接近戦も遠距離戦も楽しめる。ただしヤグラはカウント30以下にまで押されると逆転が難しい。
・スプラッシュシールドが強い、ダイオウイカも強い。.96ガロンデコの天下である。ダイオウイカの代わりにメガホンをもつ.52ガロンも優秀。

モズク農園

・ナワバリだとチャージャーが息してない。形状のせいで「前線」が生まれにくい上にあっさり横や後ろに回り込まれる。

・環状マップなので味方との連携が取りにくい。

・単体でバランスのとれたブキが使いやすいが、とにかく広いので塗り性能のほうが重要と思われる。わかばモデラー、ZAPが輝く。

・ローラーはどれも強い。ナワバリだとコロコロの機会が増える。

・中央はトルネードの塗り範囲がやたらと広く、ガチエリアは一発で奪還されることも。

・ヤグラは中央広間からの脱出が難しい。小部屋との接続部が攻防の要。ここからさきには通したくない。

・チャージャー派でトマトが嫌いなホタルちゃんには辛い場所である。

ネギトロ炭鉱

・ネギトロの川は色とりどりのイカスミで染まっている。

・ナワバリが一番難しい。広間を片方抑えたと思ったらもう一方を抑えられていた、ど

ころか高台からリスポーン地点側に侵入されていた、なんてのは日常茶飯事。

スプリンクラーの設置が熱い。鉄橋には飛距離アップのギアがなくても届きます。

・ガチエリアはエリアの反対側が重要、しかし固執していると前線が足りなくなる。

・「ヤグラは集団行動が重要」であると教えてくれる良マップ。

タチウオパーキング

・リッター3Kにひれ伏すがいい。ガチマッチで調整されたのはだいたいこいつのせいであろう。

・親方! 空からダイナモローラーが!

・ヤグラならまだ緩和される。チャージャー全般に言えることだが、攻めこむのは苦手。先に押しこめば案外勝てる。

ダイナモは攻めと守りで強さが180度変わる。特にヤグラ顕著で、侵攻時にはできることが激減し文字通り重荷を担ぐことになりかねない。一方で防衛時はダイナモシャワーが輝く。

・ヤグラのバリアは地雷。転落死します。ダイオウイカもたまに落ちる。逆に敵はクイックボムで突き落としてやろう。

・車ではなくジャンビーコンがよく停まっている。

モンガラキャンプ場

・壁を塗って回りこむルートを知らないと押されたときに負ける。特にガチヤグラ。

・モズク同様単独行動が多くなりやすい。

・どのルールでも中央での攻防が鍵となる。勝敗に直結するガチエリアではとりわけ気を使いたい。短射程のブキは裏を取りに行こう。

・ナワバリはラスト1分ですべて決まる。実際はどのマップでもそんな感じだがここは特に重要。

・ここもヤグラのバリアが地雷。ただしゴール付近ではむしろフィニッシュブローとなる。

・ボムはスプラッシュもキューバンもクイックも強い。水上のヤグラに投げられたら……南無三。

第3回フェス

www.nintendo.co.jp

 ミルクティー派で参加していました。インクも体色もこの日の特別仕様です。ミルクティー色の髪(触手)がオシャレでイカしてます。ほんのり茶色がかっているのが素敵。

f:id:tsukimajiro:20150806031618j:plain

 「ナワバリだとキューバンボムラッシュで一気に制圧できるのでは?」ということで主にシャープマーカー*1を装備して戦っていました。

 ぶっちゃけシューターのメイン性能はいまひとつで、よく狙って4発当てないと倒せず、射程も短めです。ぴったり合わせれば確かに一瞬で撃破できますが、精密なエイム力が求められます。ただし連射にすぐれるお陰で塗り自体は速く、左右に動いているだけでみるみるスペシャルゲージが溜まっていきました。

 ハッキリ言ってキューバンボムラッシュがこのブキの本体です。これを3、4回発動できた試合にはだいたい勝っています。ラッシュ終了後に爆発したボムでゲージが増えるのが嬉しい。

 とても強いわかばシューターやダイナモローラーやシャープマーカーネオの人と組めたこともあり楽にえいえんミルクティーになれました。キューバンボムラッシュに合わせて攻め込んでくれたのかもしれません。最大で15連勝ほどしていたはず。*2

f:id:tsukimajiro:20150806033133j:plain

 同じメンバーでずーっとやっていると友情というか戦友意識が芽生えてきますね。ゲームが上手いという一点だけで信頼が生じるというのは案外稀有なことだと思います。

 公式でも告知された通りミルクティー派の勝利となりました。投票率でも圧勝していたのに勝率でも上回っていたという。次回フェスからは勝率の獲得ポイントが×4になるそうですが……勝率の差はせいぜい10%程度しかつかないのでは。少数派が勝ったらサザエがもっと多くもらえるとかやってもいいんじゃないですかね。

f:id:tsukimajiro:20150806033754j:plain

 チームで連勝を勝ち取ったことで心が燃えたぎり、ついに炎のイカスミを操れるようになったぞ! ホクサイのインクがライトアップされているだけなんですけどね。

f:id:tsukimajiro:20150806034202j:plain

 この世界では逆に珍しい白っぽいイカ。スーパーに陳列されていそうですね。ダイオウイカはアンモニアがきつくてとてもマズいそうな。

*1:実はこの日の早朝に練習を始めています

*2:Bバスパークで上手いリッター3Kにズキュン! されまくって連勝がストップした